天楽のグローバル投資LIFE

米国株や海外ETFを中心とした資産運用ブログ。自身の語学学習法についても配信しています。

【VYM】高配当ETFのVYMから分配金を受領(2019年1月)

 

高配当ETFであるVYMから配当金が入金されました。

  

配当金データ

f:id:k0694acbd230:20190107194859p:plain

 

今回は税引後で$44.81ドルの入金となりました。

 

 

チャート

f:id:k0694acbd230:20190107194928p:plain


昨年の年末から株価が急落しており、これまで抵抗線であった50日移動平均線を下回って200日移動平均線まで下がる可能性が出てきています。

 

 

直近配当利回り

f:id:k0694acbd230:20190107194950p:plain

 

株価急落のおかげで直近配当利回りは3.74%と上昇しております。

 

この水準までくるとだいぶ投資妙味があると言えそうです。

 

 

参考情報

f:id:k0694acbd230:20190107195011p:plain

 

f:id:k0694acbd230:20190107195032p:plain

 

VYMは400を超える米国の高配当銘柄から構成されるETFであり、程よく分散されていることから長期投資向きの商品として人気が高いです。

 

また信託報酬は0.08%であることから、低コストで運用できるのも魅力的です。

 

セクターは金融や消費財が多めとなっています。

 


総括

 

VYMは適度に分散、低コスト、分配金利回り高め、という3拍子揃ったETFであるため、私自身も非常に愛用している金融商品の一つです。

 

ETFであれば個別株に特有のリスクを排除して運用ができるため、私の場合は個別株とは別にVYMを定期積立することにしています。

 

ボラティリティの高い昨今の株式マーケットにおいて、今後もVYMを継続積立していきます。