天楽のグローバル投資LIFE

海外ETFと投資信託をメインに資産運用を実践中

【BTI】株価復活はまだ遠い!?ブリティッシュ・アメリカン・タバコを再購入しました

f:id:k0694acbd230:20181021155615j:image

 

今年に入ってから株価が下がり続けているブリティッシュ・アメリカン・タバコを@43.08ドルで95株購入しました。

 

ブリティッシュ・アメリカン・タバコの株は売られ過ぎ!?

 

チャート

 

f:id:k0694acbd230:20181021160116p:plain

 

チャートを見ると2018年以降から株価は右肩下がりの展開となっています。

 

特に移動平均線を突っ切ってもなお下落していることから、当面はしばらく株価が上向いてくる気配はなさそうです。

 

しかし競合のフィリップ・モリスと比較しても、ブリティッシュ・アメリカンの株価の下がり方は少し異常に見えますので、いずれ見直し買いが入ることを想定すれば、今が底値である可能性も窺えます。

 

そのため、今回は約45万円分だけ購入してみました。

 

 

配当データ

 

f:id:k0694acbd230:20181021160938j:image

 

株価急落の影響で、ついに同社の配当利回りも6%台に突入しました。

 

ブリティッシュ・アメリカンはADR銘柄のため、外国現地源泉税が発生しないことから、今後は配当金を多めに貰いつつ、本格的な株価の上昇を待ちながら気長にホールドしていく予定です。

 

 

増配率推移

 

f:id:k0694acbd230:20181021160146p:plain

 

約10年分のブリティッシュ・アメリカンの増配率推移ですが、最低でも5%の増配率は維持しつつ、昨年は増配率が久々に10%を超えました。

 

今後は加熱式タバコ・グローの販売状況により業績が左右されるわけですが、同社の場合は毎年潤沢なフリーキャッシュフローを創出しているので、直ちにGBP建てベースで減配に陥るようなことはないでしょう。

 

www.tenrakujinsei85.net

 

 

総括

 

ブリティッシュ・アメリカンは以前に保有していた銘柄ですが、ETF中心のポートフォリオにすべく一旦売却をしていた背景があります。

 

しかし最近の同社の株価下落を見て売られ過ぎている印象があったため、今回再購入を決意しました。

 

基本ポートフォリオは海外ETFで固めて、サブで個別株を購入していく戦略を今後も続けていこうと思います。