天楽のグローバル投資LIFE

海外ETFと投資信託をメインに資産運用を実践中

【ABBV】バイオ医薬品銘柄 アッヴィを新規購入

f:id:k0694acbd230:20180629204330j:image

 

夏のボーナスを活用して、バイオ医薬品銘柄のアッヴィ(ABBV)を$93.47で20株新規購入しました。

 

 

直近増配率35.2%の高配当銘柄はやはり魅力的!?

 

アッヴィは研究開発型のバイオ医薬品企業で、2013年に製薬企業のアボットラボラトリーズから分離して設立されました。

 

主力商品としては関節リウマチ治療薬のヒュミラ、血液がん治療薬のインブルビカなどを擁しています。

 

 

チャート

 

f:id:k0694acbd230:20180629205336p:image

 

主力商品ヒュミラの特許切れ後も好調な営業キャッシュフローであることを受け、直近のチャートでは2017年7月頃から株価は急上昇しております。

 

この時に仕込んでおければ!と後悔しておりますが、こればっかりは仕方のないことですね。

 

 

配当金データ

 

f:id:k0694acbd230:20180629210602j:image

 

配当利回りは4.15%、配当性向49.2%、連続増配年数45年と申し分ない数値です。

 

さらに直近の増配率35.2%はまさにビックサプライズです。

 

インカムゲイン投資家としては、ぜひポートフォリオに入れたい垂涎の銘柄ですね。

 

 

財務指標

 

f:id:k0694acbd230:20180629210831j:image

 

f:id:k0694acbd230:20180629210843j:image

 

f:id:k0694acbd230:20180629210856j:image

 

直近の第一四半期決算は売上高が前年同期比21%増の79.3億ドル、EPSは1.87ドルで両方とも市場予想を上回りました。

 

 

アッヴィ購入の決め手はやはり高い収益性!

 

アッヴィは研究開発型のバイオ医薬品銘柄であり、主力商品ヒュミラをもとに営業キャッシュフロー・マージンが年平均30%台をキープしている数少ない高収益体質の企業です。

 

以前から欲しいな〜と思っていましたが、先日の記事で書いた通り、今回早速アッヴィを新規購入してみました。

  

www.tenrakujinsei85.net

 

アッヴィは株価のボラティリティが他のディフェンシブ銘柄と比較して大きいのが気になりますが、また株価が急落する場面があれば積極的に追加買い増しを実行していきます。