天楽のグローバル投資LIFE

海外ETFと投資信託をメインに資産運用を実践中

【RDSB】高配当ADR銘柄 ロイヤルダッチシェルから配当金をゲット(2018年6月)

 

高配当エネルギー銘柄のロイヤルダッチシェルから税引後配当金が$25.38入金されました。

 

 


主要指標一覧

 

チャート

 

f:id:k0694acbd230:20180626192306p:image

 

原油安の影響で株価が冴えない展開が続いていた同社株も、原油市況の回復とともに2017年以降から株価が回復してきました。

 

 

 

財務指標①

 

f:id:k0694acbd230:20180626192322j:image

 

 

直近の配当利回りは5.12%となっています。

 

ロイヤルダッチシェルは増配はほとんどしませんが、そのかわり5〜6%を超える高配当を長年キープしており、米国高配当株に投資する人からは人気が高いです。

 

ちなみに同社の株主還元に対する姿勢で特筆なのは、「USDベースでの配当水準を維持し続ける」ということです。

 

ロイヤルダッチシェルは元々欧州の企業であるため、米国のニューヨーク証券取引所を通して同社株を購入するのであれば、当然配当金もいったん自国の通貨からUSDへ換算するため、配当金も為替の影響を受けることになります。

 

そのため自国の通貨建であれば増配しているのに、為替の影響でUSD建だと減配している、というようなことが通常起こります。

 

しかし同社の場合は、この為替変動に関係なく、USDベースで配当金の水準をキープする、と宣言していることから、この辺のリスクを回避できるのは非常に魅力的です。

 

 

財務指標②

 

f:id:k0694acbd230:20180626192350j:image

 

f:id:k0694acbd230:20180626192358j:image

 

 

売上高・EPSはここ数年の原油市場を反映するかのように右肩下がりでしたが、ようやくここに来て回復の兆しを見せつつあります。

 

 

 

総括

 

ロイヤルダッチシェルは高配当かつADRなため、私のようなインカムゲインを好む人には非常にうってつけの銘柄です。

 

最近の原油高による株価上昇を受けて配当利回りはだいぶ低下してきましたが、それでも未だに5%以上の配当利回りがあるのは魅力的です。

 

ロイヤルダッチシェルは今後も継続保有でいきます。