天楽のグローバル投資LIFE

米国株や海外ETFを中心とした資産運用ブログ。自身の語学学習法についても配信しています。

【CSCO】シスコシステムズから配当金をゲット(2018年4月)

 

先日シスコシステムズから税引後配当金が$20.13入金されました。

 


主要指標一覧

 

チャート

 

f:id:k0694acbd230:20180428100749p:image

 

昨年の夏頃までは30〜33ドル台をウロウロしていましたが、ハイテクセクターの好調を受けて、シスコシステムズもその後一貫して株価が右肩上がりの展開となりました。

 

最近では生活必需品銘柄の株価が不振にあえぐ中で、ハイテクセクターの波にうまく乗れているのは、私にとって有難いことです。

 

 


配当金データ

 

f:id:k0694acbd230:20180428100802j:image

 

昨年は3.7%あたりまでだった配当利回りも、今は株高の影響で2.95%にまで下がりました。

 

配当性向は56.7%のため、まだまだ増配余地は十分あります。

 

ちなみに直近の増配率は14.0%となっています。

 

 

 

財務指標

 

f:id:k0694acbd230:20180428100812j:image

 

f:id:k0694acbd230:20180428100820j:image

 

f:id:k0694acbd230:20180428100828j:image

 

ここ最近の同社のEPSは、ほぼ毎回市場予想を上回る結果となっており、安定感があります。

 

前回の四半期決算で純損益が▲88億ドルとなっていますが、これは米国税制改革に伴う費用が原因で、一時的な影響です。

 

 

www.tenrakujinsei85.net

 

 

 

総括

 

私がシスコシステムズの購入を決めた背景は、潤沢なフリーキャッシュがあること、近年は株主還元が非常に手厚いこと、ルーターなどの分野で圧倒的な市場シェアを有していること、セキュリティやクラウドなど新分野への展開も進めていること、などが挙げられます。

 

特にここ数年の増配率は2桁台をキープしており、保有しているだけでお金が増えていくキャッシュマシンと化しています。

 

もちろん短期的な売買で終わらせることなく、私はシスコシステムズを今後もバイアンドホールドしていく所存です。