天楽のグローバル投資LIFE

海外ETFと投資信託をメインに資産運用を実践するブログ

【MO】アルトリア 2017年4Q決算 EPSは予想上回るものの、売上高とガイダンスは予想下回る

 

アルトリアの2017年第4四半期決算が発表されましたので、以下内容をレビューします。

 



2017年4QはEPSは予想上回るものの、売上高、ガイダンスが予想を下回る

(以下アルトリア 2017年4Q決算資料をもとに分析)

 

 

①財務データ

 

f:id:k0694acbd230:20180202202611p:plain

 

  • 売上高は47.1億ドルで、市場予想の48.0億ドルを下回る。

 

  • 調整後EPSは0.91ドルとなり、市場予想の0.80ドルを上回る。

 

  • 純利益は対前年同期比で9.8%増の18.7億ドル。

 

  • 通期利益のガイダンス見通しは3.90〜4.03ドルとなり、市場予想の4.20ドルより低い。




②事業概況

 

1. 紙巻きタバコ

 

f:id:k0694acbd230:20180202203605p:plain

 

f:id:k0694acbd230:20180202202653p:plain

 

紙巻きタバコの出荷量は対前年同期比で8.8%の減少となり、通期でも5.1%減少と芳しくありません。

 

そのため売上高も減少の一途を辿っており、時代の変化を感じさせます。

 

 

2. 無煙たばこ

 

f:id:k0694acbd230:20180202203631p:plain

 

 

一方で無煙たばこの方は、売上高が対前年同期比で10.4%も増加しており、紙巻きタバコから無煙たばこへのシフトが加速していることが見て取れます。

 

 


③チャート

 

 f:id:k0694acbd230:20180202204001p:image

 

昨年のFDAアナウンスの影響で株価は急落しましたが、その後は株価が上昇して持ち直したかのように見えます。

 

直近の配当利回りは3.7%、増配率は8.2%です。

 

 

④総括

 

今回の決算は、内容的には今ひとつだったと思います。

 

たばこ業界は常に政府の規制やら、先進国を中心とする健康志向の高まりを受けて、悪いニュースが出やすい環境にありますが、それでも各社の財務内容は非常に優れたものがあるため、今後も私はフィリップ・モリス、ブリティッシュアメリカンと並んで、アルトリアを保有し続けます。