天楽のグローバル株式投資

海外高配当株でインカムゲイン+S&P500などのインデックス積立で二刀流投資を実践するブログ

【PFE】ファイザー 2017年4Q決算 売上、EPSともに市場予想を上回る好決算に!

 

ファイザーの第4四半期決算が発表されましたので、以下内容をレビューします。

 

 

2017年4Qは売上、EPSともに市場予想を上回る好決算に!

 

(以下ファイザー2017年4Q決算資料をもとに分析)

 

①PL

 

f:id:k0694acbd230:20180131205508p:plain

 

  • 売上高は137億ドルで対前年同期比1%増となり、また市場予想の136.1億ドルを上回る。

 

  • 調整後EPSは0.62ドルとなり、市場予想の0.56ドルを上回る。

 

  • 純利益は122.7億ドルで、対前年の7.75億ドルから大幅増。




②通年見通し

f:id:k0694acbd230:20180131205544p:plain

 

  • 売上の通期ガイダンスは535〜555億ドルとなり、市場予想の537億ドルより高い。

 

  • EPSの通期ガイダンスは2.9〜3.0ドルとなり、市場予想の2.77ドルより強気。

 

 

③製品別売上比較(FY2017 vs 2016)

 

f:id:k0694acbd230:20180131211742p:plain

 

  • 乳がん治療薬のイブランスは対前年比46%増と好調。

 

  • 肺炎ワクチンのプレベナーは対前年比2%減。

 

  • 神経治療薬のリリカは対前年比8%増。

 

  • かつてファイザーの主力品でもあったバイアグラは対前年比30%減。




④チャート

 

f:id:k0694acbd230:20180131204347p:image

 

株価はここ1年間で順調に右肩上がりとなり、ディフェンシブ銘柄らしい緩やかな値動きとなっています。

 

直近の配当利回りは3.6%、増配率は6.25%とインカムゲインも期待できる銘柄です。

 


⑤総括

今回の4Q決算では売上、EPSともに好決算となり、また翌期の通年見通しも強気であることから、今後が期待できる銘柄であると思います。

 

私はジョンソン・エンド・ジョンソンとともにファイザーを保有していますが、このヘルスケア2銘柄は増配率もそこそこ良く、保有していて安心できるため、今後も継続保有決定です!