天楽のインカムゲイン投資

米国高配当株を中心としたインカムゲイン投資を実践するブログ。目標は月20万円の配当収入。

【CSCO】シスコシステムズ 2018年1Q決算結果を分析レビュー

 

シスコシステムズの2018年第1四半期決算が発表されましたので、以下内容をレビューします。

 


2018年1Qは売上高、EPSともに市場予想を上回る好決算に!


(以下シスコシステムズ 2018年1Q決算資料をもとに分析)

 

 

①財務サマリー


f:id:k0694acbd230:20171117193121p:plain

 

  • 売上高は121.3億ドルで対前年比1.7%減となるものの、市場予想の121.1億ドルを上回る。

 

  • EPSは0.61ドルとなり、市場予想の0.6ドルを上回る。

 

  • 純利益は対前年同期比30%増の23.9億ドルを達成。

 

 


②事業概況

 

f:id:k0694acbd230:20171117193151p:plain

 

シスコシステムズの事業は主に、インターネット接続用ルーターとLANスイッチがメインですが、他にもワイヤレス製品やクラウド、セキュリティ関連も手掛けています。

 

今回の決算ではセキュリティ事業が対前年比8%増と好調です。

 

 

 

③チャート

f:id:k0694acbd230:20171117193359p:image

 

 

今回の決算内容を受けて、同社の株価は5.19%ほど急騰しました。

 

シスコシステムズは年始から株価30〜34ドル付近をウロウロしていましたが、今回の好決算により、意識されていた35ドルの壁を超えていきました。

 

 

④総括

 

今回の1Q決算内容は総じて良かったです。

最近ではシスコシステムズの得意とするルーター事業で、新興企業にシェアを奪われはじめるといった新たな脅威が台頭していましたが、同社では既存の事業のみならず、新しいセキュリティやクラウドといった分野にも進出し、少しずつ成果を出し始めています。

テクノロジー関連銘柄は、ホルダーにとって常にリスクがつきまとう展開を余儀なくされますが、私は今後もシスコシステムズを継続保有し、高い増配率による株主還元をしっかりと享受したいと思います。