天楽のインカムゲイン投資

米国高配当株を中心としたインカムゲイン投資を実践するブログ。月20万円の配当収入を目指して奮闘中。

【RDSB】ロイヤルダッチシェル 2017年3Q決算結果を分析レビュー

 

ロイヤルダッチシェルの2017年第3四半期決算が発表されましたので、以下内容をレビューします。

 



2017年3Qは増収増益の好決算に!

(以下ロイヤルダッチシェル 2017年3Q決算資料をもとに分析)

 


①財務サマリー

 

f:id:k0694acbd230:20171102205631p:plain



  • 売上高は原油高を背景に40.8億ドルで対前年比47%増となり、また市場予想の36.2億ドルを上回る。

 

  • EPSは0.50ドルとなり、対前年比43%増を達成

 

  • 営業活動におけるキャッシュフローは対前年比33%減となっており、主な要因は原油高に伴う在庫評価額の上昇による。

 



②事業概況

(INTEGRATED GAS部門)

f:id:k0694acbd230:20171102214853p:plain

 

液化天然ガスなどを扱うINTEGRATED GAS部門は、セグメント収益が対前年比98%増となりました。

 

 

(UPSTREAM部門)

f:id:k0694acbd230:20171102214910p:plain

 

石油や天然ガスの探鉱、開発を行う上流部門のセグメント収益は、対前年比で大幅増となっています。

 

 

(DOWNSTREAM部門)

f:id:k0694acbd230:20171102214923p:plain


石油製品などのリテール販売などを扱う下流部門では、ハリケーン・ハービーによって生じた石油需要の影響で、同社の石油精製事業(Refining & Trading)の収益が大幅増になりました。

 

 


③チャート

 

f:id:k0694acbd230:20171102220941p:plain

 

5年チャートを見ますと、2014年以降から急激な右肩下がりとなりましたが、最近の原油高を背景に、株価はジリジリと上昇しつつあります。

 

 

 

④総括

 

今回の3Q決算内容は総じて良かったです。

 

先日、ライバル企業のエクソンモービルの3Q決算では同じく増収増益を達成していましたが、ロイヤルダッチシェルも今後の業績回復が期待できる内容となりました。

 

www.tenrakujinsei85.net

 

これまで石油メジャーの株価は冴えない展開が続いておりましたが、原油価格の底打ちなどを背景に、これから巻き返しを図ることが期待されます。

 

私の場合はロイヤルダッチシェルをNISAで運用しており、配当利回り6%を超える株主還元のみならず、最近の同社の株高で恩恵を得ています。

 

来年の2018年は、同社の保有比率をさらに引き上げて、配当金チャリンチャリンを楽しみたいと思います。