天楽のインカムゲイン投資

米国高配当株を中心としたインカムゲイン投資を実践するブログ。月20万円の配当収入を目指して奮闘中。

【XOM】エクソンモービル 2017年3Q決算結果を分析レビュー

 

エクソンモービルの2017年第3四半期決算が発表されましたので、以下内容をレビューします。

 


2017年3Qは上流・下流部門の損益改善により増収増益となる
(以下エクソンモービル 2017年3Q決算資料をもとに分析)

 


①PL

f:id:k0694acbd230:20171027230227p:plain



  • 売上高は661.6億ドルで対前年比12.7%増となり、また市場予想の633.9億ドルを上回る。

 

  • 調整後EPSは0.93ドルとなり、市場予想の0.87ドルを上回る。

 

  • 純利益は39.7億ドルとなり、対前年比49.8%増となる。



【参考記事】

Exxon Mobil shares jump 16 premarket after earnings blow past estimates - MarketWatch




②事業概況

 

f:id:k0694acbd230:20171027230246p:plain

 

部門別の損益状況を見ますと、上流部門及び下流部門において損益が大幅に改善されていることが分かります。

 

今期はハリケーン被害により、同社の精油所も一時閉鎖という事態となりましたが、損益にはそこまで影響はなかったようです。


ちなみに今回のハリケーン被害による、1株あたりの損失は4セントとのこと。

 


③チャート

 

f:id:k0694acbd230:20171027232115p:image

 

直近まで株価は軟調気味でしたが、決算への期待感から株価は回復基調にありました。

 

今回は好調な決算のはずですが、現時点での株価は今ひとつ盛り上がりに欠ける展開になっています。



④総括

第3四半期決算は、上流・下流部門それぞれにおいて損益改善が見て取れる内容となりました。

決算内容としては悪くないのですが、今ひとつ株価は上昇しない展開となりました。

 

エクソンモービルは以前から購入しようと決意していましたが、先行き不透明な状況下なため、当面は既に保有しているロイヤルダッチシェルのみでいこうと思います。