天楽のインカムゲイン投資

米国高配当株を中心としたインカムゲイン投資を実践するブログ。月20万円の配当収入を目指して奮闘中。

【MO】アルトリア 2017年3Q決算結果を分析レビュー

 

アルトリアの2017年第3四半期決算が発表されましたので、以下内容をレビューします。

 

 

2017年3Qは売上高減少なるものの70%の増益達成

(以下アルトリア 2017年3Q決算資料をもとに分析)


①PL

 

f:id:k0694acbd230:20171026213509p:plain

 

 

  • 売上高は67.3億ドルで対前年比2.5%減となり、また市場予想の69.0億ドルを下回る。

 

  • 調整後EPSは0.90ドルとなり、市場予想の0.88ドルを上回る。

 

  • 純利益は18.7億ドルとなり、対前年比70.7%増となる。

 

  • 対前年比増益の主な要因は、前年において債務の早期償還に伴うコストが8億ドルほど発生していたため(今期は計上なし)。

 

  • 通期ガイダンスは2Q決算から変化なし。

 

 

【参考記事】

Altrias stock rallies after profit rises beats expectations - MarketWatch

 

 

 

②事業概況

f:id:k0694acbd230:20171026204251p:plain

 

  • 喫煙商品は販売数量が落ち込んだものの、値上げによる相殺で、対前年比売上高は2.8%減に留まる。

 

  • 無煙商品は値上げと広告宣伝の効果が奏功し、対前年比売上高は4.2%増となる。

 

  • 喫煙・無煙商品どちらも営業利益は好調で、それぞれ対前年比9.8%増、12.8%増となる。

 



③チャート

f:id:k0694acbd230:20171026205335p:image

 

 

今年2017年7月にFDAによって発表された、ニコチン規制アナウンスの影響で、アルトリアの株価は急落しました。

  

www.tenrakujinsei85.net

 

現在もなお株価は低迷しており、これまで一直線で右肩上がりだった同社のチャートも、調整段階にあります。

 

 

④総括

 

今回の決算では、既存の喫煙商品の販売数量減少と、無煙商品の売上増という、相反する2つのテーマが交錯していました。

 

従来の喫煙商品は今後も苦しい展開が続くでしょうが、今回の無煙商品の業績を見る限り、同社にとって明るい兆しも見えてきたのではないかな、と個人的に感じます。

 

私は元マールボロ愛煙家として、アルトリアを今後もホールドし続けます。