天楽のインカムゲイン投資

米国高配当株を中心としたインカムゲイン投資を実践するブログ。月20万円の配当収入を目指して奮闘中。

【LVS】世界最大の統合型カジノリゾート企業ラスベガス・サンズ 投資でも一攫千金なるか!?

f:id:k0694acbd230:20171023213645j:image

 

最近は日本でもカジノ法案を巡り、さまざまな意見が飛び交っていますが、今回は世界最大のカジノ施設を手掛ける、ラスベガス・サンズを紹介します。

 

 

ラスベガス・サンズは世界最大の統合型カジノリゾート企業

 

余程のカジノ通でない限り、ラスベガス・サンズという企業を知る人はほとんどいないでしょう。

 

ラスベガス・サンズはカジノリゾートを経営する世界最大の企業であり、シンガポールの「マリーナ・ベイサンズ」やマカオの「ザ・ベネチアン・マカオ」など、観光客に大人気のラグジュアリーホテルの運営も手掛けています。

 

実は私も以前、シンガポールのマリーナ・ベイサンズに宿泊しましたが、屋上の天空プールは非常に開放的で快適でした。

 

f:id:k0694acbd230:20171023214755j:plain

 

 

 

 

ラスベガス・サンズの直近の業績チェック!

 

①PL

 

f:id:k0694acbd230:20171023214957p:plain

(参照:ラスベガス・サンズIR資料 )

 

前回2Q決算では、売上高・純利益はそれぞれ対前年比18.6%増、61.9%増と好調でした。

 

これに伴い、調整後EPSも対前年比37.7%と躍進しています。

 

 

②地域別EBITDA

 

f:id:k0694acbd230:20171023215027p:plain

 (参照:ラスベガス・サンズIR資料 )

 

地域別EBITDAを見ますと、マカオとシンガポールが大半を占めています。

 

やはりカジノのメジャースポットとして、マカオ、シンガポール、そして本家のアメリカが中心です。

 

 

③株主還元策

 

f:id:k0694acbd230:20171023215046p:plain

(参照:ラスベガス・サンズIR資料 )

 

過去5年間の株主還元の推移を見ますと、DPS(1株あたり配当金)は順調に増加しております。

 

一方自社株買いは2013年から2015年までは行われていましたが、年度によって実施されない時もあるようです。

 

 

④配当情報(2017年10月時点)

 

f:id:k0694acbd230:20171023220338j:image

 

直近の配当利回りは4.66%と高配当ですが、配当性向は107.4%となっており、今後の配当政策には少し疑問を感じます。

 

 

⑤チャート

 

f:id:k0694acbd230:20171023220552p:image

 

長引く業績低迷から、株価は右肩下がりのトレンドでいましたが、2015年を機に株価は復活トレンドにあります。

 

 

総括

 

カジノなら一攫千金は狙えるかもしれませんが、ラスベガス・サンズに投資して一攫千金は厳しいかと思われます。

 

ただ個人的には面白い企業だと思いますし、実際にマリーナ・ベイサンズに宿泊した私としては、今後の同社の展開には期待したいところです。

 

いつか米国株の配当金だけで、ベネチアン・マカオにでも宿泊して、カジノ三昧やってみたいですね。