天楽のインカムゲイン投資

米国高配当株を中心としたインカムゲイン投資を実践するブログ。月20万円の配当収入を目指して奮闘中。

【VZ】ベライゾン 2017年3Q決算結果を分析レビュー

 

ベライゾンの2017年第3四半期決算が発表されましたので、以下内容をレビューします。

 

 

2017年3Qは新規契約者数増により、好調な結果に!

 

(以下ベライゾン 2017年3Q決算資料をもとに分析)

 

 

①PL

f:id:k0694acbd230:20171021170550p:plain

 

  • 売上高は317.2億ドルで対前年比2.5%増となり、また市場予想の314.5億ドルを上回る。

 

  • 調整後EPSは0.98ドルとなり、市場予想の0.98ドルと一致。

 

  • 純利益は37.3億ドルとなり、対前年比0.3%減となる。




②事業概況

 

www.bloomberg.co.jp

 

  • 7-9月期の月間契約者数は60万3000人増で、市場予想を上回る。

 

  • 「無制限データ利用プラン」の復活により、新規契約者数が増加。

 

  • 3Qの契約脱退率はアナリスト予想よりも少ない結果に。

 

 

③チャート

f:id:k0694acbd230:20171021171408p:image

 

好調な決算を受けて、ベライゾンの株価は決算発表直後に1.5%ほど急伸しました。

2Q決算までは不調な業績内容が続いた同社ですが、ついに業績底打ちの兆しが見えてきたのではないでしょうか。

 


④総括

3Q決算は同社の復活の兆しが見える内容でした。

 

キッカケはやはり、無制限データ利用プランを早々に実施したことでしょう。

 

通信業界は現在、携帯電話事業を筆頭として、熾烈な価格争いが繰り広げられていますので、将来の収益悪化の要因になりかねません。

 

最近の通信業界の各銘柄を見てみると、やはり株価の値動きも上値を抑えられているような展開になっています。

 

つい先日も同業他社のAT&Tの株価は、競争激化を理由に急落していました。

 

www.tenrakujinsei85.net

 

先行き不透明な業界ではありますが、AT&Tやベライゾンなどの高配当銘柄を継続保有することで、株主還元の恩恵を享受したいと思います。