天楽のインカムゲイン投資

米国高配当株を中心としたインカムゲイン投資を実践するブログ。月20万円の配当収入を目指して奮闘中。

投資家にとって相性のいい趣味はゲームである理由

f:id:k0694acbd230:20170822202036j:image

 

最近趣味をもたない若者が増えているというニュースを耳にするのですが、もしそれが本当であるなら非常に残念な話だと思います。

 

趣味は何ですか?と聞かれても「特にない」と答える人や、「何もしないでボーッとすることが趣味」と言う人もいるようで、これだけモノやサービスに溢れた時代に珍しいなとさえ感じます。

 

しかし現代社会では毎日仕事による過労やストレスに苛まれ、趣味に没頭する時間も精神的余裕もない人たちが増えている以上、仕方のないことなのかもしれません。

 

私自身は投資やブログ、水泳、旅行、読書が趣味なので、趣味に没頭している時間が何より幸せですし、リフレッシュできるので、趣味はなくてはならないものです。

 

そんな私も最近は趣味で様々な投資家のブログを拝見しているのですが、ほとんどの投資家の方に共通しているのが、ゲーム好きであるということです。

 

 

ゲームを趣味にすることが投資家にとって最高である2つの理由

 

ゲーム好きな方なら分かるかと思われますが、ゲームというのは一度ハマれば何時間でも没頭できてしまいます。

 

例えば最近ではドラクエの最新シリーズが発売されたようですが、発売から一週間近くで全クリアした強者もいるなかで、またある人は夏休みを全てドラクエをする時間に注ぎ込んだようで、非常に充実した日々を過ごしていたようです。

 

「いやいや、ゲーム三昧の日々なんて廃人も同然だろ!?」

 

などという声も聞こえてきますが、私はそうは思いません。

 

なぜなら、ゲームは投資家にとって最も効率の良い趣味だと思うからです。

 

私が考えるゲームがもたらす投資家へのメリットは以下の通りです。

 

 

①ゲームそれ自体は大してお金がかからないから

 

例えば据置型ゲームであれば、ゲームにかかる費用は、ゲーム機本体とソフトの購入代くらいです。

 

ゲーム機本体に関してはプレステ4であれば今なら中古で3〜4万円くらいで購入できますが、一度購入すれば追加のコストはかかりません。

 

またソフトに関してはピンキリですが、古くなったゲームソフトならブックオフで買えば1,000円以下で買えます。

(ちなみに私は先日FF13-2を250円で買いましたw)

 

そしてこれらゲームに必要な本体とソフトが揃えば、あとは発生するコストはゼロです。

 

スマホのオンラインゲームやアプリなら、無料で遊べるものも豊富に揃っています。

 

ゲームそれ自体は飽きさえしなければ、ほぼ無限に何度でもタダでプレイできるため、コスパが非常に良いと言えます。

 

一方で会員制のジムに通って体を動かすのが趣味な方や、料理や英会話などの習い事が趣味な方もいますが、こうした趣味は継続すればするほど会費がかかるので、よほど好きな人でない限りコスパが良いとは言えないでしょう。

 

ちなみに私は学生時代にとある英会話スクールに通って50万円ほど注ぎ込みましたが、全く英語が話せるようになりませんでした。。。

 

また夏休みやゴールデンウィークに海外旅行に行く場合も、渡航先やプランによっては何十万円もの費用がかかりますから、決して安くはない出費です。

 

逆に夏休みやゴールデンウィークはあえて旅行などに行かず、ゲームに没頭している方が節約にもなります。

 

 

 

②ゲームをしている間は世間の情報をシャットアウトできるから

 

これはゲームならではのメリットではないかと考えます。

 

ゲームに没頭するようになると、自分の費やしている趣味の時間が全てゲームのみとなるため、仮にマーケットが乱高下していても、ゲームに夢中になっていればマーケット状況を知らなくて済みます。

 

そのため焦って余計な狼狽売りをする危険性も回避できます。

 

毎日マーケットのチャート画面と睨めっこしていても、それであなたのパフォーマンスが向上するわけではありません。

 

特に長期投資を前提とした投資をしている場合は、日々のマーケットに左右されないためにも、あえて投資の情報から遠ざかってゲームに没頭するくらいの心のゆとりが欲しいものです。

 

 

今日からゲームを趣味にしよう!

 

このようにゲームを趣味に持つことは、決してマイナスなことではないと考えられます。

 

ゲームは昔と比べてかつてないほど進化しており、今や自宅でプレイする据置型ゲームや、任天堂DSなどのポータブルゲーム、スマホでのオンラインゲームなど、様々なタイプがありますので、自身のライフスタイルや嗜好に合わせてゲームをすることができます。

 

自宅でコーヒーでも飲みながら優雅にゲームしたい人や、通勤電車の中やちょっとした空き時間にゲームしたい人、様々な需要に応えることのできるのがゲームという趣味のいいところです。

 

最近ではNYダウがついに天井に迫っているのではないか?という懸念の声が日増しに聞こえてくるようになりましたが、私はこういう時だからこそゲームでもしてゆったりと構えていようと思います。