天楽のインカムゲイン投資

米国高配当株を中心としたインカムゲイン投資を実践するブログ。月20万円の配当収入を目指して奮闘中。

【CSCO】シスコシステムズ 2017年4Q決算結果を分析レビュー

 

シスコシステムズの第4四半期決算が発表されましたので、以下内容をレビューします。

 

2017年4Qは良いとこなしの結果に


(以下シスコシステムズ2017年4Q決算資料をもとに分析)

 

f:id:k0694acbd230:20170818001851p:plain

 

 

  • 17年4Qの同社の売上高は$12.1Bと対前年比4%減となるも、市場予想の$12.06Bはクリア。 

 

  • 純利益は対前年比14%減の$2.4Bという結果に。

 

  • EPSは市場予想の$0.61と一致するものの、対前年比では3%減。

 

f:id:k0694acbd230:20170818003650p:plain

 

  • 製品・サービス別売上高では主力のスイッチ、ルータが対前年比で9%減と奮わず。

 

  • Service Provider Videoの対前年比10%減の要因は、前年にSP Videoビジネスの事業整理をしたため。

 

f:id:k0694acbd230:20170818004240p:image

 

上記のような冴えない決算が嫌気されたのか、決算発表後の同社の株価は急落しています。

 

特に気になるのは、これまで主力と呼ばれた同社の稼ぎ頭であるスイッチやルータの収益力が低下していることです。

 

今のシスコシステムズの現状は、主力のスイッチやルータなどの製品系は多少収益力が低下しても、セキュリティやデータセンターなどのサービス系を強化して巻き返しを図る戦略にシフトしつつあることでしょう。

 

しかし依然として同社の製品群は圧倒的なフリーキャッシュを稼ぐ力があるのは言うまでもないため、直ちにシスコが経営の危機状況に陥ることはないと感じています。

 

f:id:k0694acbd230:20170818004937j:image

 

ちなみに市場評価を見ても、大半のアナリストは同社に対して「強気」の評価を与えています。

 

今回の決算結果を受けても、私は今後もシスコシステムズを継続保有します!