天楽のインカムゲイン投資

米国高配当株を中心としたインカムゲイン投資を実践するブログ。目標は月20万円の配当収入。

【IBM】IBM 2017年2Q決算結果を分析レビュー



IBMの第2四半期決算が発表されましたので、以下内容をレビューします。

 

2017年2Qの結果は微妙

 

(以下IBM2017年2Q決算資料をもとに分析)

 

f:id:k0694acbd230:20170719212331p:plain

 

  • 2017年2Qの同社の売上高は$19.3Bとなり、対前年比では約5%減となりました。

 

今回の売上減により、同社は21四半期連続の減収という結果に。。。

 

  • EPSは予想$2.75に対し、$2.97と健闘しました。

 

f:id:k0694acbd230:20170719212407p:plain

 

部門別売上状況 を見ますと、現在力を入れているテクノロジー&クラウド部門の売上は、対前年比5.1%減となり、他部門も奮いません。

 

f:id:k0694acbd230:20170719212438p:plain

次いでキャッシュフローの分析です。

 

対前年比で見れば同社のキャッシュフローは改善されており、主な理由としては前年に主力事業を強化するための他社買収に伴う一時的な現金支出があったためです。

 

さて、インカムゲイン投資家が気になる配当と自社株買いに関してですが、まず配当支払いに関しては前年の$1,340Mから2017年は$1,403Mと増えています。

 

また自社株買いは前年の$836Mから2017年は$1,432Mとなっており、株主還元に積極的な姿勢が窺えます。

 

もともとフリーキャッシュフローが潤沢な同社ですが、今後は株主還元だけでなく重点戦略分野への研究開発投資も加速させるとのこと。

 

今後もIBMからは目が離せませんね。