中小企業サラリーマンが資産形成で早期リタイアを目指すブログ

85年生まれのサラリーマンが米国個別株投資や海外ETF、iDeCoを活用した資産運用を実践中。

月次不労所得状況(2017年6月度)

 

2017年6月度の不労所得状況は以下の通りとなりました。

 

 


配当所得


◉ファイザー(PFE)

 

受取配当金(税引後): 23.04USD


f:id:k0694acbd230:20170703214634p:image

f:id:k0694acbd230:20170703214658j:image

 

ファイザーはNISA口座で一番長く保有している銘柄ですが、配当利回りもよく、また直近の増配率も7%台なため、継続保有していて良かったなと感じています。

 

株価も昨年同様、30ドルから34ドル付近をウロウロしており、仕込み時がある程度ハッキリしていると言えます。

 

 

◉iシェアーズ米国優先株株式ETF(PFF)


受取配当金(税引後): 15.65USD

実はPFFに関しては、今月末に全株売却いたしました。

 

理由としては、PFFよりも他の連続増配株に投資した方が、「資産形成」という面では優れていると考えたためです。

 

PFFはすでにウン千万円単位の資産を運用している人なら、ポートフォリオのスパイスとして高配当を受け取るなら利用価値はあるかと思いますが、私のような弱小投資家は資産形成に力を入れる方が先決だと判断しました。

 

 

◉ジョンソン&ジョンソン(JNJ)

 

受取配当金(税引後): 12.06USD

 

f:id:k0694acbd230:20170703220617p:image

 

f:id:k0694acbd230:20170703220617j:image

 

やはり米国株黄金銘柄だけあり、株価は順調に右肩上がり。

 

そして連続増配54年という圧倒的なトラックレコード。

 

永久保有ですね。

 

 

◉ロイヤルダッチシェル(RDSB)

 

受取配当金(税引後): 25.38USD

 

f:id:k0694acbd230:20170703221037p:image

 

f:id:k0694acbd230:20170703221040j:image

 

ロイヤルダッチシェルは高配当銘柄の中でも群を抜く配当利回りです。

 

しかもロイヤルダッチシェルはこれまで「ドルベース」での減配をしたことは一度もなく、あのシーゲル銘柄TOP20(1957年〜2003年リターン)の中にもランクインしていた隠れ優良銘柄です。

 

エネルギー株と言うとエクソンモービルやシェブロンばかりに注目しがちですが、ロイヤルダッチシェルも要チェック銘柄ですよ。



雑所得


ブログ収入: 1,500円

 

今月はアドセンスが謎の一時停止になるトラブルが発生したため、ブログ収入はポイントサイトからの収入のみとなってしまいました。。。

 

7月になってようやくアドセンスが復活したため、リカバリーできればいいなと思います。



TOTAL: 約9,950円の不労所得ゲット
(1ドル111円で計算)