読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中小企業サラリーマンが資産形成で早期リタイアを目指すブログ

米国株投資や海外ETFによる資産形成、財テク、副業、仕事などについて語ります

金融リテラシーのない中年社員は老後破産するしかない

f:id:k0694acbd230:20170204152609j:image

 

先日勤務先の会社で飲み会があり、嫌々参加させられたのですが、私の勤務する会社は中高年のオジサン社員が多いため、飲み会での若手社員に対する説教話やダメ出し、アルコール強要が当たり前のように行われています。

 

昨今の世間では大企業をはじめとして、コンプライアンスの遵守やパワハラ、セクハラの撲滅、接待の禁止など、以前と比較して従業員の働きやすい環境が整備され始めているにも関わらず、私の会社はこの有様です。。。

 

www.tenrakujinsei85.net

 

金融リテラシーのない中年オジサン社員のありえない発言

 

さて、そんな愉快な(?)飲み会の席で、最近注目の個人型DCの話題が出ました。

 

実は私は個人型DCの申し込みを済ませており、どの投資商品で運用するかまで決めていると話したところ、中年オジサン社員からアホな説教がありました。

 

「個人型ナントカなんてやってる暇あったら仕事しろよ!」

 

 「投資で儲けるなんて、そんな旨い話あるわけねーだろが!」

 

「俺は会社の持株会をやってるから、それだけで十分だぜ!」

 

 

意味が全くわからない!!!

 

個人型DCやる暇あるなら仕事しろ?

 

投資で儲かるわけない、と言い切れる理由は何?

 

持株会って会社倒産したらアウトだよ?

そもそもウチの会社そんなに将来性ありましたっけ?

 

www.tenrakujinsei85.net

 

もはや原始人と会話してるかのような錯覚を感じました。

 

確かに個人型DCは60歳まで掛金が引き出せない、口座管理に手数料がかかるなどデメリットもありますが、運用時の利益が非課税になったり、掛金を全額控除できるなど、税金メリットもあります。

 

こうしたメリットとデメリットを比較考慮した上で個人型DCをやらないというなら分かりますが、頭ごなしにダメ出しするのは理解しがたいものがありますね。

 

 

そもそも社畜的な価値観に問題アリ!

 

だいたいこういうアホな発言をする中年社員には、以下のような特徴があります。

 

  1. マイホームや車はステータスなので、所有していて当たり前
  2. 無駄な保険にやたら加入している
  3. 喫煙と酒でしかストレス解消できない
  4. 家庭では自分の居場所がないため、何も仕事ないのに無駄に夜遅くまで会社にいる
  5. やたら散財しまくる
  6. 投資はダメと言いながら、貯金が大してない

 

このように昔ながらの意味不明な価値観や言動に縛られているため、仕事で得たお金の使い道一つとっても目に余るものがあります。

 

www.tenrakujinsei85.net

 

そのため、将来のことを考えて行動している若者に対して上から目線で強烈なダメ出しをしてくるわけです。

 

「最近の若い奴は何考えてるか分からん」

 

「ゆとり教育の弊害だ!」

 

「俺が若い頃はガムシャラに働いていた」

 

 

つまり彼らの思考は、

 

仕事して収入を得る→自分の欲望を叶えるためにお金を散財する→お金がなくなるからまた働く

 

という不幸極まりないループに嵌っていることに気づいていないのです。

 

ちなみにこういう労働者的発想をしている社員は、資本家である雇用主から見れば非常に扱いやすいわけです。

 

なぜなら僅かなお金を給料として渡し、綺麗に散財してくれるからまた懸命に働くしかない、ということを言わずとも実行してくれるからです。

 

下手に労働者が働いて得たお金を蓄財して、早期リタイアしたり独立されたりしたらたまったもんじゃないです。

 

このように金融リテラシーのない中年社員がめでたく定年退職しても、待ち受けるのは悲しい老後破綻の道です。

 

www.tenrakujinsei85.net