中小企業サラリーマンが資産形成で早期リタイアを目指すブログ

米国株投資や海外ETFによる資産形成、財テク、副業、仕事などについて語ります

お金持ち体質になるための7つの習慣

f:id:k0694acbd230:20170115184704j:image

 

毎日遅くまで働いているが、給料はなかなか上がらない、ストレスで衝動買いしてしまう、貯金が思うように貯まらない、など悩んでいる人は多いでしょう。

 

実際に私自身も独身の頃は、毎日仕事に追われ、ストレスでお金を散財していたことから、お金は全く貯まりませんでした。

 

お金が増えない習慣から脱却しないと、いつまで経ってもお金は増えるどころか減る一方となってしまいます。

 

一方でお金を増やして貯める方法というのは確かに存在し、自ら意識をして実践すれば確実にお金は貯まります。

 

私は結婚してから、幸いにも嫁が節約家ということもあり、夫婦でお金を増やして貯める生活をしていたら、2年間で800万円ほどお金が貯まりました。

 

そこで今回は、私が日々実践しているお金が貯まる習慣について紹介します。

 

 

お金を増やして貯めるための7つの習慣

 

【収入を増やす】

 

①ダブルインカムを実現する

 

今の50代世代の家庭ですと、夫が会社員、妻は専業主婦という構図が大半となっています。

 

そのため、旦那の収入のみで家族を支えなければならないため、キャッシュポイントが一箇所に限定されてしまう問題があります。

 

もし旦那の勤務先で倒産があったり、リストラされたりしたら目も当てられません。

 

また働きすぎて過労になって倒れたり、うつ病を発症するリスクも考慮すると、たとえ旦那の年収がそれなりに高くても安心はできません。

 

そこで、私の場合は夫婦でダブルインカムを稼ぐことで収入を複線化しています。

 

独身の場合ですと、収入を増やすためには昇進したり、転職をしたりするしかありませんが、現実的にそうそう収入が劇的に増える、ということは一部の人以外あり得ないでしょう。

 

しかし夫婦でそこそこの給料を稼げば、簡単に世帯年収を引き上げることは容易いです。

 

ちなみに私の世帯年収は夫婦合わせて1000万円以上あるため、独身の時には考えられなかった年収を実現できています。

 

www.tenrakujinsei85.net

 

 

②副業や投資で不労所得を得る

 

近年では政府が副業を推進していることから、以前に比べて副業をしている方は多いと思われます。

 

私自身は、副業としてブログと投資をしているため、毎月ブログ収入と投資の配当金を不労所得として得ています。

 

毎月2〜3万円でも副業による収入があると、生活にもゆとりができますし、お小遣いとして使ってもよし、お金を貯めるもよし、です。

 

ちなみに副業といえば、アルバイトやネット通販など様々なものがありますが、個人的にはグーグルアドセンスが一番簡単だと思います。

 

グーグルアドセンスは、自身のブログに広告を貼ることで、閲覧者がクリックをすれば報酬が得られる、というものです。

 

ただしグーグルアドセンスを始めるには、いくつか審査がありますので、興味のある人は以下の記事をご参照ください。

 

www.tenrakujinsei85.net

 

 

【支出を減らす】

 

③固定費を見直す

 

毎月の生活費でかかる食費や通信費、住居費などは結構お金が出て行きます。

 

私の場合は食費に関しては、毎日のランチは手作り弁当を持参しており、また通信費に関しては、格安スマホを活用して固定費を減らしています。

 

また車やマイホーム購入は一切考えていませんし、保険も必要最低限のものしか加入していません。

 

 

④嗜好品の購入をやめる

 

私が独身時代にお金が貯まらなかった原因の一つに、喫煙が挙げられます。

 

喫煙していた頃は、毎月1万円以上お金を支払っていたため、今にして思えば非常に無駄な支出でした。

 

健康に悪影響を及ぼしますし、お金は出て行く一方、おまけに常習性があるため、なかなかやめられない。

 

おまけに喫煙が原因でガンにでもなれば、入院費や手術代、毎月の抗がん剤治療の支出で確実に家計を圧迫します。

 

もはや負のスパイラルなので、喫煙は早急にやめるべきです。

 

 

【現状把握をする】

 

⑤家庭の支出・財産状況を把握する

 

「突然ですが、毎月のあなたの生活費はいくらかかっていますか?」

 

と質問されて、回答できる人は案外少ないと思います。

 

本気でお金を貯めようとすると、まず毎月自分はいくらお金を使っていて、現時点でいくら財産があるのか、という状況を把握しないことには何も始まりません。

 

企業会計で言うところの、損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書の3つを家庭に応用して管理していないと、お金の流れが把握できないため、気づいたら毎月赤字生活をしていた!なんてことになります。

 

特に結婚した夫婦の場合、共働きをしていると、お互いの年収や貯金残高を知らないケースが私の周りには多々おりますが、老後になって「こんだけしか貯金ないの!?」などとならないようにしておきたいものです。

 

 

⑥人間関係の棚卸をする

 

独身時代であれば、友人や会社の同僚と気兼ねなく飲みに行ったり遊んだりする機会が多いため、以外と支出は増えがちです。

 

しかしお金を貯めて増やすという意味では、今の自分の人間関係について一旦整理し、ダラダラした居心地の良い関係を断ち切る勇気も必要です。

 

例えば金遣いの荒い友人や、いつも愚痴ばかりこぼす会社の同僚など、一緒にいて生産的でない相手と過ごすのは時間とお金の無駄です。

 

 

【マネーインテリジェンスを高める】

 

⑦お金に関する勉強をする

 

実はこの習慣こそが一番大事であると思います。

 

よく日本人はお金に対する知性が乏しい、と言われますが、これには同感です。

 

未だに預貯金しかしない人、税金の仕組みがわからない人、投資信託や保険などの特徴を理解せず販売員の話を鵜呑みにする人、マイホーム信者が多いこと、など枚挙に暇がありません。

 

別にお金なんか貯まらなくて良い、と考えるのならそれまでですが、お金を増やして貯めるなら自ら貪欲にお金の勉強をするべきです。

 

 

7つの習慣を実践してお金持ち体質になろう!

 

以上が私自身が実践している習慣です。

 

上記のことは全て私がこれまで様々なマネー書籍を勉強して体得したものです。

 

私の目標は、会社を早期リタイアして好きなことをして毎日を過ごすことなので、目標があるから頑張ることができます。

 

これからも私は7つの習慣を実践して、早期リタイアを実現してみせます!