読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中小企業サラリーマンが資産形成で早期リタイアを目指すブログ

米国株投資や海外ETFによる資産形成、財テク、副業、仕事などについて語ります

【HDV, PFE, PFF, T】2017年NISA戦略①

f:id:k0694acbd230:20170104151936j:image

 

2017年の株式市場が開幕しましたが、前年度とは異なり、今年は年初から日経平均及びダウは株価が上昇しました。

 

トランプ相場の勢いは今年もしばらく継続する見通しでいますが、こうなるともはや絶好の買いタイミングを探るのは難しい気がしてなりません。

 

そのため、今年の投資戦略としては、NISAで安定した高配当銘柄を数回に分けて定期購入することにしました。

 

まず第一弾として、以下の銘柄を約15万円ずつ購入しました。

 

 

今年第一弾でNISAで購入したのはこの4銘柄

 

①iシェアーズ米国高配当株式ETF(HDV)

 

f:id:k0694acbd230:20170104184747j:image

 

f:id:k0694acbd230:20170104184809j:image

 

以前から熱視線を送っていた、高配当銘柄で構成されたETFです。

  

www.tenrakujinsei85.net

 

ポートフォリオの中心は、エネルギー、ヘルスケア、生活必需品といったディフェンシブ中心の銘柄で構成されております。

 

f:id:k0694acbd230:20170104184820j:image

 

同種のバンガード米国高配当株式ETF(VYM)よりも分配利回りがよく、長期で運用するには丁度良い銘柄と考え購入しました。

 

 

②iシェアーズ米国優先株式ETF(PFF)

 

f:id:k0694acbd230:20170104184840j:image

 

f:id:k0694acbd230:20170104184848j:image

 

同じくブラックロック社が販売するiシェアーズ系の高配当ETFです。

 

昨年もNISAで購入していたことから、今回は追加購入ということになります。

 

やはり分配金利回り6%越えは魅力ですね。

 

なおポートフォリオを見てみますと、金融銘柄が多いのが目立ちます。

 

f:id:k0694acbd230:20170104185543j:image

 

③ファイザー(PFE)

 

f:id:k0694acbd230:20170104184910j:image

 

f:id:k0694acbd230:20170104184916j:image

 

こちらも2016年NISAで購入していた銘柄の一つ。

 

薬価引き下げ圧力で苦しいヘルスケア業界のため、直近までの株価は軟調気味でしたが、配当利回りは約4%代と魅力的なため、追加購入しました。

 

 

④AT&T(T)

 

f:id:k0694acbd230:20170104184928j:image

 

f:id:k0694acbd230:20170104184931j:image

 

実はこの銘柄に関しては昨年末に売却済みであり、直近の株価も上昇していたため、購入を躊躇っていました。

 

しかし、連続増配30年以上の実績や4.5%を超える配当利回りを考えると、持っていて損はない安定銘柄かなと考え再購入しました。

 

AT&Tに関しては、今後も追加購入の対象として購入を継続していきたいと思います。

 

 

2017年NISA戦略のポイントは「安定性+高配当」

 

今年は年初から約60万円分のNISA枠を利用して購入しました。

 

購入した銘柄はいずれも安定した値動きをする高配当銘柄であることがポイントです。

 

勿論、リーマンショックのような事態が発生すれば株価下落は逃れられませんが、暴落時や不況ステージに強い銘柄群をなるべくチョイスしており、5年間という非課税期間をしっかり使い倒すためにも「安定性+高配当」というキーワードは欠かせません。

 

今年もコツコツまったりと資産運用に取り組んでいきます。