読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中小企業サラリーマンが資産形成で早期リタイアを目指すブログ

米国株投資や海外ETFによる資産形成、財テク、副業、仕事などについて語ります

2017年NISA投資戦略はあの高配当3銘柄の定期積立で決まり

f:id:k0694acbd230:20161218134707j:image

 

2016年も残すところあと2週間ほどになりましたが、今年は年初から円高株安が進み、波乱万丈のスタートとなりました。

 

 

その後マーケットは一進一退を繰り返し、年末にはトランプ次期大統領への政策期待から、年初来の円安株高へとマーケットは切り返しました。

 

そんな中で、来年のNISAについてどうしようかと考えていたのですが、方針がある程度まとまってきたので、以下紹介します。

 

 

2017年NISA投資戦略はこの高配当3銘柄の定期積立を検討しています!

 

すでに投資をされている方ならご存知だと思いますが、現行のNISAは年間120万円まで非課税枠を使うことができます。

 

そのため、私は投資タイミングを年3回に分けて、以下3銘柄を定期積立のターゲットとすることにします。

 

  1. iシェアーズ米国優先株式ETF(PFF)
  2. iシェアーズ米国高配当株ETF(HDV)
  3. AT&T(T)

 

当ブログでは何回か紹介してきました高配当銘柄軍団です。

 

特にこの中でPFFに関しては、以下のチャートにある通り、最近株価が軟調であるため、直近の配当利回りは6%台になっています。

 

f:id:k0694acbd230:20161218135853j:image

 

f:id:k0694acbd230:20161218141207j:image

 

実はPFFに関しては2016年NISAでも投資していましたので、2017年初頭から早速追加購入したいと思います。

 

PFFは基本的に毎月分配金がもらえる数少ないETFですし、債券のような特徴を有していることから、値動きも比較的安定しているのが魅力です。

 

そして2.のHDVに関しては、以前紹介した通りNISAでの定期積立を予定しています。

 

www.tenrakujinsei85.net

 

3.のAT&Tですが、こちらは直近で株価が上昇したこともあり、配当利回りは4.8%程と少し低くなりました。

 

そのため定期積立の対象とはしていますが、年初から購入することはせず、マーケット下落時に追加購入していきたいと思います。

 

場合によっては、他の銘柄に投資するかもしれません。

 

 

投資タイミングとしては、60:30:30の比率で分散購入を検討

 

まずは2017年初頭から60万ほどを購入。

 

そして夏と冬のボーナスのタイミングでそれぞれ30万ずつ追加購入する形でNISA枠120万円をきっちり使い切りたいと思います。