読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中小企業サラリーマンが資産形成で早期リタイアを目指すブログ

米国株投資や海外ETFによる資産形成、財テク、副業、仕事などについて語ります

資産状況(2016年11月)

 f:id:k0694acbd230:20161125222300j:image

 

2016年11月時点での資産状況は以下の通りとなりました。

 

【2016年11月(元本積立ベース)】

  • 米国個別株: 1,100,000円
  • セゾン投信: 205,000円
  • ひふみ投信: 215,000円
  • iFreeNYダウインデックス: 20,000円
  • iFree8資産バランス: 10,000円
  • ひふみプラス: 20,000円
  • 円建貯蓄保険: 260,000円
  • USドル建貯蓄保険: 260,000円
  • 現預金: 5,750,000円


合計: 7,850,000円

 

 

今月は積立投信から米国高配当株への振替を一部実行

 

11月は大統領選のイベントがありましたので、それに乗じて以前から積立していた投信を一部売却して、米国高配当株への資金に充てました。

 

個人的にはトランプ氏が就任して市場が一時的に下落トレンドに入ると予想していましたが、実際はNYダウ最高値更新、ドル高のお祭り騒ぎモードでした。

 

そのような中で債券利回りが急上昇したのを受けて、一部の高配当銘柄が売られていたのに目を付け、フィリップモリス(PM)やロイヤルダッチシェル(RDSB)などを購入。

 

www.tenrakujinsei85.net

 

www.tenrakujinsei85.net

 

 

投資信託の今後の戦略について

 

上記の資産状況を見て気づいたかと思われますが、今まで積立していた世界経済インデックスファンドを全解約。

 

理由としては、世界分散系のファンドはセゾン投信一本あれば充分だろうと感じたからです。

 

また同時にセゾン投信は来月あたりに一回全解約をして、楽天証券の個人型DCで運用しようか検討中です。

 

www.tenrakujinsei85.net

 

ひふみ投信は今後も継続しますが、私が普段活用しているマネックス証券で一元管理したいため、一旦全解約して同種の「ひふみプラス」で今後は積立していきます。

 

そして今月からはiFreeNYダウインデックスを積立開始。

 

www.tenrakujinsei85.net

 

投信積立に関してはなかなか方針が固まらずにフラフラしていましたが、これでようやく自分の納得のいく積立投資ができそうです。

 

 

12月のボーナスでは高配当ETFの購入がメイン

 

12月のボーナスでは以前紹介した高配当ETFのiシェアーズ・コア米国高配当株ETF(HDV)をNISAで購入予定です。

 

www.tenrakujinsei85.net

 

今年度枠は使いきっていますので、来年の年明けにNISA枠で購入したいと思います。