中小企業サラリーマンが資産形成で早期リタイアを目指すブログ

85年生まれのサラリーマンが米国個別株投資や海外ETF、iDeCoを活用した資産運用を実践中。

【RDSB】超高配当のエネルギー銘柄 ロイヤルダッチシェルを購入

f:id:k0694acbd230:20161119103943j:image

 

昨今の原油価格の下落をうけて、シェブロン(CVX)やエクソンモービル(XOM)などの米国株銘柄は株安続きになっています。

 

一部のメディアでは「原油価格は底打ちした」などと報じていますが、未だ不透明感が漂う中で、今回ロイヤルダッチシェル(RDSB)を24株購入しました。

 

 

ロイヤルダッチシェルのサマリー情報

 

ロイヤルダッチシェルは欧州石油メジャーの一角であり、イギリスとオランダにそれぞれ本社を置いています。

 

そのため米国株として購入する場合は、オランダ本社のRDSAとイギリス本社のRDSBの両方が購入できますが、私は現地源泉徴収税のかからないRDSBの方を購入しました。

 

同社では上流工程から下流工程までを一貫して手掛ける垂直統合型のビジネスモデルを有しています。

 

10年チャート↓↓↓

f:id:k0694acbd230:20161119105102p:image

 

過去10年のチャートの動きを見ますと、2015年からの原油価格急落を受けて、株価は右肩下がりとなっています。

 

ただ2016年くらいから原油価格底打ちの兆しが見えたのか、少しだけ株価が反発しており、また同社で生産合理化を進めた結果、営業黒字に転換しています。

 

 

直近の配当利回りを見ますと、6〜7%超えをしておりまして、まさに高配当利回りの代表格と言えます。

 

EPSは残念ながら毎年下がり続けていますが、不思議と1株あたり配当は減配をせずに、ヨコヨコな動きで推移しています。

 

エネルギー銘柄は今が買いなのか!?

 

結果的に私は今回株価50ドル台のところで購入しましたが、仮に現在の時点で原油価格が底打ちということなら、今が買い場だったと言えるのではないかと思います。

 

とはいえ今後は減配リスクと戦いながらしばらくホールドしていきますが、ここまでの高配当銘柄はそうそう出会えないので、今後も同社に期待するしかないですね。