中小企業サラリーマンが資産形成で早期リタイアを目指すブログ

85年生まれのサラリーマンが米国個別株投資や海外ETF、iDeCoを活用した資産運用を実践中。

【PM】高配当タバコ銘柄 フィリップモリスを購入

f:id:k0694acbd230:20161117230715j:image

 

米国の大統領がトランプ氏に決定してから、一気に株高円安に向かいましたが、その中で株価が下落しているフィリップモリス(PM)を購入しました。

 

フィリップモリスはタバコを吸う方であれば知っていると思いますが、マールボロやL&Mなどのブランドを販売する世界最大規模のタバコ会社です。

 

同社は元々アルトリアグループ(MO)の傘化にありましたが、分社化して国際事業関係をフィリップモリスが担当する、という事業運営をしています。

 

 

絶好の購入タイミングか!?

 

さて、フィリップモリスの最近の株価動向や指標は以下の通りです。

 

2年チャート↓↓↓

f:id:k0694acbd230:20161117231505p:image

 

株価はこの数日間で急落しており、トランプ大統領が誕生してからのリスク回避の流れを受けて、大きく値を下げました。

 

f:id:k0694acbd230:20161117231651j:image

 

今回の株安を受けて、同社の配当利回りも4.7%台に回復しまして、購入するにはグッドタイミングと判断し、88.12ドルで20株ほど購入しました。

 

急落する前までは、安定して株価が堅調に推移していたことから、完全に買いタイミングを逃してしまっておりましたが、おかげさまで予期せぬバーゲンセールとなりました。

 

現地の源泉徴収税はほぼかからない

 

フィリップモリスはスイスのローザンヌに本社を構えているため、配当金による現地の源泉徴収税はほとんどかかりません。

 

そのため、日本国内の源泉徴収税がかかるのみですので、税負担が少なくて済みます。

 

源泉徴収に関する詳しい解説は、以下の記事をご参照下さい。

 

www.tenrakujinsei85.net

 

安定&高配当で長期保有

 

フィリップモリスは高配当かつ積極的な自社株買いにより、株主還元が非常に充実している銘柄です。

 

私好みの銘柄なため、今後も株価が一時的に急落したら、迷わず追加購入をしていきます。