天楽のインカムゲイン投資

米国高配当株を中心としたインカムゲイン投資を実践するブログ。目標は月20万円の配当収入。

嫌婚してる暇があったらDINKSを目指せ!

f:id:k0694acbd230:20161025221305j:image

世の中では人生のパートナーと出会うために、日夜婚活に励む人がいる一方で、結婚自体に価値を見出せず、独身街道を貫く人もいます。

 

このように結婚することを意図的に避けることを、世間では「嫌婚(けんこん)」と言うそうです。

 

嫌婚が流行る3つの理由

 

通常なら結婚して出産をして、家族で幸せに暮らすことがロールモデルでしたが、近年は結婚しないほうが良いと感じる独身の方が多いようです。

 

その理由としては、以下のような事情があるとのこと。

 

◉そもそも恋愛経験が乏しい

 

今までマトモに恋愛経験をしたことがないため、いきなり結婚するということに高いハードルを感じる方が多いようです。

 

フラれるのが怖い、過去に異性関係で傷ついたことがある、などということから、意図的に恋愛を避けるようになり、結婚から遠ざかる行動を無意識のうちにとってしまう。

 

恋愛下手な人が一昔前に比べて、相対的に増えているのは否めませんね。

 

◉自由を満喫したい

 

若い人ならまだまだ遊び足りない、もっとやりたいことがある、夢を追いかけたい、など様々な願望があります。

 

結婚したら自由がなくなる、拘束される、息苦しいなどと考えてしまうようで、結果として結婚願望がなくなってしまうのは勿体無いことです。

 

◉余裕がない

 

日々激務をこなしているサラリーマンやOLの人からすれば、毎日の仕事をこなすことが精一杯で、婚活や恋愛なんかしてる余裕がない。

 

 確かに自分の今置かれた状況が不安定なら、結婚しようなんて思わないでしょう。

 

 

こうした3つの理由が原因で嫌婚になる人が多いのですが、私は非常に勿体ないと感じます。

 

なぜなら、私のように早期リタイアをしようと目論む人間からすれば、結婚してダブルインカムにしたほうが早く目標を実現しやすいからです。

 

資産形成で早期リタイアを考えるならDINKSが最強!

 

DINKSとは「Double Income No Kids」の略称で、子供がいない共働き夫婦世帯のことを言います。

 

子供がいないため教育費や養育費がかからないだけでなく、夫婦共に働いているため、家庭の収入を最大化できるメリットがあります。

 

 一般にサラリーマンの年収で1,000万円以上稼ぐ人は全体の1割程度と言われていますが、夫婦共に働けば、世帯年収1,000万円以上稼ぐことは十分に可能です。

 

ちなみに私は結婚して2年目になりますが、節約や貯金で700万円程の貯蓄を作ることができました。

 

独身の頃はお金を浪費し過ぎたせいで、貯金がほぼゼロでしたが、結婚してからだいぶ意識が変わりました。

 

夫婦で協力してダブルインカムを稼ぎ、節約で支出を減らし、投資をすることで、独身時代と比較して圧倒的なスピードでお金が増えています。

 

この勢いで資産形成に励み、50歳になるまでには早期リタイアをしてセカンドライフを実現していきます!

 

 結論: 資産形成✖️DINKSは最強の組み合わせ