中小企業サラリーマンが資産形成で早期リタイアを目指すブログ

85年生まれのサラリーマンが米国個別株投資や海外ETF、iDeCoを活用した資産運用を実践中。

資産状況(2016年10月)

f:id:k0694acbd230:20161024203334j:image

2016年10月時点での資産状況は以下の通りとなりました。

 

【2016年10月(元本積立ベース)】

  • セゾン投信: 345,000円
  • 世界経済インデックス: 70,000円
  • iFree8資産バランス: 50,000円
  • ひふみ投信: 255,000円
  • 米国個別株: 820,000円
  • 円建貯蓄保険: 250,000円
  • USドル建貯蓄保険: 250,000円
  • 現預金: 5,500,000円

 

合計: 7,540,000円

10月は投信から米国高配当株への資産配分を一部実行

 

今月はセゾン投信を一部売却し、高配当銘柄のボーダフォン(VOD)を購入。

 

ボーダフォンの直近の配当利回りは5.5%越であり、インカムゲイン投資に適しているという判断から購入を決意しました。

  

www.tenrakujinsei85.net

 

また今月から新しいインデックスファンドの積立を開始しまして、現状バランスファンドの信託報酬最安のiFree8資産バランスを新規積立。

 

世界経済インデックスと同時にこれから積立を継続していきます。

  

www.tenrakujinsei85.net

 

目先は12月予想の年内利上げを視野に、買付余力を蓄える

 

アナリストの間でも米国の12月利上げが予想されている昨今、仮に利上げになれば一時的に株価が調整する可能性が高いです。

 

私は利上げで株価が一時的に下落するタイミングを見て、米国高配当株を買い増ししようと考えているため、12月のボーナスも視野に入れて買付余力を蓄えています。

 

毎年自身のストック収入を高める楽しみがあるのは、インカムゲイン投資ならではですね。