読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中小企業サラリーマンが資産形成で早期リタイアを目指すブログ

米国株投資や海外ETFによる資産形成、財テク、副業、仕事などについて語ります

プレミアムフライデーで一番恩恵を受けるのは社内ニート

f:id:k0694acbd230:20161023124244j:image

最近政府と経団連がプレミアムフライデーなる案を検討しているようです。

 

プレミアムフライデーとは、月末金曜日の午後15時以降は会社での業務を終了し、空いた時間を買い物や旅行などに充てて消費を活発にさせる、というプランです。

 

元々日本では諸外国と比較して、長時間残業や有給未消化率の高さが際立っていましたが、今回のプレミアムフライデー導入で、こうした状況を改善する狙いもあるとのこと。

 

早ければ2017年の2月からスタートさせるとのことで、ネット上ではこのプレミアムフライデーを巡り、激しい論争が繰り広げられています。

 

プレミアムフライデーのメリットとデメリット

 

メリット:

 

◉プライベートの時間が増える

 

月末の金曜15時以降は業務を終了せざるをえないわけですから、当然その分プライベートの時間は増えます。

 

早く会社を切り上げて友人と飲みに行ったり、ショッピングやジムに通うのもストレス解消になるので、プライベートを充実させたい人には最高の制度です。

 

デメリット:

 

◉残業時間が減らされるため、場合によっては休日出勤の可能性もあり

 

普段から終電まで残業をこなしていたり、繁忙期を迎えている場合ですと、金曜日の午後15時以降は業務を強制的に切り上げないといけないわけですから、その分休日出勤をして穴埋めをしなければいけなくなる可能性はあります。

 

これだと何のためにプレミアムフライデーを設けたのかが分からなくなりますし、現実的に15時以降に業務をスパッと切り上げられるのは、あまり仕事がない社内ニートくらいでしょう。

 

◉会社の飲み会がやたら増える可能性も

 

実は私が一番懸念しているのは、プレミアムフライデー導入により会社の飲み会が増えるのではないかということです。

 

「15時に終わったから、今日は飲みに行くぞ!」

 

「飲み会に消費して、政府に貢献しますか!」

 

などという馬鹿げた発想をする輩がいると、必然的に会社の飲み会が増える危険性も考えられます。

 

さらに飲み会が仮に15時スタートですと、一次会が18時に終わったとしても、まだ時間はたっぷりあるため、二次会や三次会に連れて行かれやすくなる点も見逃せません。

 

そうなれば言い訳つけて逃げるしかありません。

 

 

所詮プレミアムフライデーは社畜のガス抜き対策か??

 

これまで長時間労働や有給未消化という問題点がありながらも、一向に有効な改善策は出てきませんでした。

 

その中で今回のプレミアムフライデー導入は、半ば強制力を有した政府からの案であるため、実現可能性は非常に高いです。

 

しかし現実的にどこまで従業員の環境改善につながるか未知数な部分はありますので、我々のような社畜に対して淡い夢を見させているかのようにも感じます。

 

プレミアムフライデーが社畜達の単なるガス抜き対策になる可能性もありますし、実際導入して経済効果が出なければ廃案になる可能性もあります。

 

プレミアムフライデーが導入されたからと言って、過剰な期待をするのも如何なものかと思います。

 

プレミアムフライデーで一番得するのは社内ニート

 

ここまでの内容を振り返ると、プレミアムフライデーは社畜からすればメリットがないような書き方をしてきましたが、当然恩恵を受ける一定数の人間もいます。

 

それは私のような毎日定時で帰宅する社内ニートです。

 

毎日定時まで会社に拘束されてはいるものの、業務時間中は暇つぶし対策をしてるような社内ニートからすれば、定時が15時になるのは願ったり叶ったりです。

 

元々残業なんてしてないし、休日出勤などあり得ないので、プレミアムフライデーになったからと言って、振替出勤はなし!

 

15時に堂々と会社を出て、プライベートに精を出す!

 

いいじゃないか。

 

 

結論: プレミアムフライデーは社内ニートのためにこそある