天楽のインカムゲイン投資

米国高配当株を中心としたインカムゲイン投資を実践するブログ。目標は月20万円の配当収入。

サラリーマンなら会社の福利厚生を使い倒せ!

f:id:k0694acbd230:20161010220249j:image

サラリーマンをしている方なら、企業側で設定している福利厚生制度を利用することができます。

 

福利厚生制度は会社によって様々ですが、自社の商品やサービスを割安で購入できたり、全国各地にある保養所を優待価格で利用できたりと、非常にお得です。

 

ちなみに私の勤務先の会社では、ベネフィットステーションという福利厚生サービスが利用でき、飲食店やスポーツジム、ホテル宿泊など様々なサービスを割引価格で利用できるので重宝しております。

 

 

私がベネフィットステーションで重宝しているサービスTOP3

 

以下では私がベネフィットステーションで頻繁に利用するサービスを紹介します。

 

 

1位: フィットネスクラブ

f:id:k0694acbd230:20161010220259j:image 

私は普段ティップネスというフィットネスクラブに週1で通っています。

 

法人会員制と都度利用の2つのコースがあり、私は都度利用で利用していますが、通常1回2,060円かかる都度利用料が、ベネフィットステーションを使うと1,500円で利用可能となっています

 

口コミによると、法人会員になった方が毎月2,160円ほど割安になるのでお得なのですが、私はそこまでジムに行かないので、都度利用で毎週汗を流しています。

 

都度利用でも、1回の利用料が500円も安くなるのはありがたいですね。

 

 

2位: 映画館

 f:id:k0694acbd230:20161010220311j:image

私の趣味の一つに映画鑑賞がありますが、普段はベネフィットステーションを活用してTOHOシネマズで映画を観に行きます。

 

TOHOシネマズでベネフィットステーションを使うと、通常大人1,800円が1,300円で利用できます。

 

映画館に行くと、決まってドリンクやポップコーンを買いたくなりますが、値段が結構高いのがネックです。

 

しかし、ベネフィットステーションで安くなった分をこうしたドリンクやポップコーンに充てることができるので、使い勝手が良いですね。

 

 

3位: 高級レストラン

 f:id:k0694acbd230:20161010220317j:image

記念日を高級レストランなどで祝う方も多いと思われますが、高級レストランも料金が高くて敷居が高いと感じる方も多いでしょう。

 

そこで私はベネフィットステーションを駆使することで、高級レストランのコースを20〜30%割引にしてランチやディナーを楽しんでいます。

 

今まで手が届かなかったお高めのレストランも、福利厚生を使えば割安で利用できちゃいますからお得ですね。

 

 

(補足) 会社の福利厚生にベネフィットステーションがなくても活用できる方法

 

とはいえ会社の福利厚生でベネフィットステーションがなければ、活用する機会もないでしょう。

 

しかしベネフィットステーションは会社に福利厚生制度としてなくても、株主優待として利用することが可能です。

 

具体的には、ベネフィット・ワン(2412)という企業の株を最低100株保有します。

 

すると同社から株主優待として、ベネフィットステーションの1年利用会員券を頂くことができます。

 

この株主優待は、会社の福利厚生であるベネフィットステーションと全く同じ条件で利用できます。

 

企業の福利厚生制度を活用したいという自営業の方や主婦の方は、株主優待でベネフィットステーションを利用することができますので、一考の価値はあります。

 

 

結論: 会社の福利厚生は使い倒せ!