中小企業サラリーマンが資産形成で早期リタイアを目指すブログ

85年生まれのサラリーマンが米国個別株投資や海外ETF、iDeCoを活用した資産運用を実践中。

インデックス投資とインカムゲイン投資の組み合わせが長期投資には最適

f:id:k0694acbd230:20161008232017j:image

投資の世界では、売却益狙いで短期で投資するデイトレードやスイング投資、配当収入狙いのインカムゲイン投資、成長株狙いのグロース株投資やバリュー投資など、様々な投資手法があります。

 

どの投資手法を選ぶかは各人の性格や趣向によりますが、私の場合はインデックスファンドへの投資とインカムゲイン投資がメインです。

 

インデックスファンドへの投資では、セゾンバンガードと世界経済インデックスファンドに毎月積立投資をしており、同時に米国高配当銘柄へのインカムゲイン狙いの投資もしています。

 

 

ほったらかし投資と配当投資の同時並行が長期保有のモチベーションを高める 

 

一般にインデックス投資だけですと、資産配分のリバランスをする以外は完全にほったらかし投資になります。

 

しかし、ほったらかしであるが故に、投資をしている実感がなくてツマラナク感じてしまうのも事実です。

 

特に今期のようにマーケットが下落してるような状況ですと、狼狽売りしてしまう危険性もあるため、インデックス投資一本というのは私には向かないなと感じました。

 

そこでインデックス投資を完全にほったらかしモードにするため、私はあえて米国高配当銘柄へのインカムゲイン投資も組み合わせて実践しています。

 

インカムゲイン投資なら、定期的に配当収入が得られるため、投資をしているという実感も湧きますし、副収入が得られるため重宝しています。

 

ちなみに私はマネックス証券のNISA口座で、米国高配当銘柄への投資をしていますが、買付手数料は実質無料ですので、コストがかからなくて非常に有難いです。

 

www.tenrakujinsei85.net

 

 

 

インデックスからインカムゲイン投資への「リレー投資」が今後の投資戦略のカギ

 

上記のようにインデックス投資とインカムゲイン投資を同時並行で現在実践していますが、私はインデックス積立投資である程度の額まで達したら、一定口数を売却してインカムゲイン投資に回していく考えでいます。

 

インデックス投資は基本的に貯金感覚で積立投資をしているため、ある程度基準価額が上昇して利益が出ているなら、売却してインカムゲインに回すことで配当収入を最大化する狙いがあるからです。

 

このようにインデックスの積立投資から、米国高配当銘柄へのインカムゲイン投資に回す「リレー投資」を今後の投資戦略として実践していきます。

 

 

目指すは配当収入だけで40歳までに月5万円達成!

 

配当収入による毎月の5万円の収入はかなり大きいです。

 

5万円あれば、美味しい高級レストランに行けますし、一流ホテルや旅行なども楽しめてしまいます。

 

また配当収入を再投資して、複利で運用することも可能になります。

 

毎月5万円の配当収入を当面の目標に掲げて、今後もコツコツ投資を継続していきます!

 

そして後々は、アーリーリタイアへ!