中小企業サラリーマンが資産形成で早期リタイアを目指すブログ

米国株投資や海外ETFによる資産形成、財テク、副業、仕事などについて語ります

一人華金はサラリーマン生活の癒しの源泉

f:id:k0694acbd230:20160930222407j:image

今日は華金ですので、辛気臭い会社からはサッサと定時で退却し、夜の街へ。

 

といっても私の場合は、毎週金曜日は飲み屋やキャバクラをほっつき歩いているわけではなく、一目散にトレーニングジムに向かいます。

 

ジムでは必ずプールで1,000メートルは泳ぎ、その後は筋トレ、ランニングと次々にメニューをこなし、汗を流します。

 

その後はまっすぐ自宅に帰宅して冷たいビールで体を癒す。

 

うーん。最高の華金ですね。

 

世間では華金だというのに、会社の上司に連れ出されて飲み会に付き合わされる社畜もおりますが、可哀想で見てられません。

 

仕事が終わってもくだらない人間関係に振り回され、嫌な気分で疲れが取れないまま週末を迎えるサラリーマンは大変ですよね。

 

その点私は会社を定時で上がり、ジムで体を鍛え、家でビールで晩酌という、健康的かつ精神的にも良い週末を過ごせるわけです。

 

 

華金を豊かに過ごすコツは、自分だけの時間を作ること 

 

私も20代の頃は、華金になると友人や同僚と飲みに行ったり、合コンしたりと、それなりにエンジョイはしてました。

 

 しかし実際にこれらのイベントに参加しても、友人や同僚の仕事上の愚痴話や、合コンでの他愛ない会話などで、身のない華金を過ごしてるなと感じるようになりました。

 

30歳に突入してからは、華金ではほとんど誰とも会わずに自分の世界に浸るようになり、世間の喧騒や会社での人間関係から解放され、今では自由を満喫しています。

 

上司から説教されるわけでもなく、友人の自慢話を聞かされるわけでもなく、飲みを強要されるわけでもない。

 

ただ自分のしたいことに没頭できる時間。

 

これぞ華金ですね。

 

 

一人華金のメリット

 

このように華金を一人で過ごすことに快感を味わっている私ですが、一人華金をしてると幾つかのメリットがあることに気がつきました。

 

 

ストレスから解放される

上記にも記載しましたが、やはり人と会わないで自分だけの時間が持てるというのは、自分の時間を自由にコントロールできるということなので、精神的にもゆとりができます。

 

行きたくもない店に連れて行かれて、グダグダと過ごすよりも自分の世界に浸ることで日常の疲れから解放されるほうがよほどマシですからね。

 

 

お金が貯まるようになる

 

単純にイベントや飲み会に参加しなくなるので、お金は全くかからなくなります。

 

私の場合はお金がかかることと言えば、近所の安いトレーニングジムに1,000円くらい払うだけですので、コスパは最高です。

 

毎月のお小遣いも最小限で済みますので、一人華金してるだけでも年間20万円くらいはお小遣いの節約になります。

 

 

1ヶ月に1回は一人華金をオススメします!

 

普段毎週華金になるとイベントや飲み会に参加してる人は、1ヶ月に1回くらいは誰にも邪魔されない一人華金を楽しんでみてください。

 

私のように、自分にとって意外な発見があるかもしれませんよ。