読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中小企業サラリーマンが資産形成で早期リタイアを目指すブログ

米国株投資や海外ETFによる資産形成、財テク、副業、仕事などについて語ります

ここが私のアナザースカイ ニューカレドニア

f:id:k0694acbd230:20160928223423j:image

毎週金曜日に日テレ系列で放送されるアナザースカイという番組が人気を博しています。

 

当番組では毎回異なる芸能人が、自分の思い入れのある第2の故郷を紹介するという番組でして、アメリカやイギリス、東南アジアなど様々な国での思い出話を語る内容になっています。

 


アナザースカイ 見城徹 2015年12月4日 15 12 04

 

私は個人的に当番組の大ファンでして、第2の故郷における芸能人の苦労話や成功談などを赤裸々に語る内容が非常に心に沁みます。

 

ちなみに私のアナザースカイはと言いますと、ニューカレドニアになります。

 

「え?ニューカレドニアってどこ?」

 

「どんな国なの?」

 

ほとんどの方がニューカレドニアという国を知らないと思われますので、以下紹介いたします。

 

 

天国に一番近い島・ニューカレドニア

 

ニューカレドニアとは南半球に位置する旧フランス領の国であり、公用語はフランス語、通貨はパシフィックフランです。

 

ニューカレドニアの最大の特徴は何と言ってもエメラルドグリーンの海と白い砂浜でして、その美しさ故に、天国に一番近い島と呼ばれる所以があります。

 

ちなみに私が実際訪問したのは、ニューカレドニアにある市場が盛んなヌメアとカナール島という所になります。

 

ヌメア市内の雰囲気↓↓↓

f:id:k0694acbd230:20160928212929j:image

 

 カナール島の雰囲気↓↓↓

f:id:k0694acbd230:20160928213222j:image

 

ヌメアはニューカレドニアの中でも栄えている場所で、 レストランやお土産店が充実しており、比較的過ごしやすい場所です。

 

ヌメアの街並み↓↓↓

f:id:k0694acbd230:20160928214120j:image

 

ヌメア市内で観光客に人気のル・サーフホテルの内観↓↓↓

f:id:k0694acbd230:20160928214315j:image

 

カナール島はこじんまりとした離島でして、シュノーケリングや海水浴を楽しむ観光客で賑わっています。

 

カナール島で唯一レストランが一つだけありまして、私はステーキを頂きました。胡椒味が効いてて結構イケてます。

 

f:id:k0694acbd230:20160928214749j:image

 

 

ニューカレドニアが私のアナザースカイである理由

 

ところでなぜ私がニューカレドニアを訪れたかと言いますと、それは仕事の挫折と人間関係からです。

 

 当時私は2社目の会社で働いていたのですが、1社目の会社で仕事に挫折したトラウマをなかなか払拭できず、やはり2社目でも尾を引きずり、案の定仕事に挫折しました。

 

また人間関係においても、職場内におけるイジメのターゲットにされ、心身共に崩壊しました。

 

仕事で完全に精神が壊れた私は、静かな島で海をずっと眺めていたいと考え、ネットで色々検索したところ、ニューカレドニアに行き着きました。

 

ニューカレドニアでは1日中静かな島でエメラルドグリーンの海を眺め、海の潮風に吹かれながら、一人黄昏れていました。

 

島の住人も日本にいるときのような意地の悪い上司や同僚のようなヤツはいなく、みんな気さくに接してくれる人たちで、心が洗われました。

 

「もう社会人やっていけないんじゃないか」

 

「オレは社会不適合者なのかな」

 

あの時は自身の人生の分岐点でした。

 

 そんな時にふと思いついたニューカレドニア旅行。

 

せわしない日常生活から離れ、ゆったりとした時間を過ごす非日常。

 

自分を見つめ直すキッカケになった国。

 

 

 『ここが私のアナザースカイ、ニューカレドニアです』

 

 

最後にアナザースカイでよく流れるCMの曲を綴ります。

 

一息つきながら、人は人を思う。

一息つきながら、人はつながる。

 

社内ニートだけど、ニートじゃない。

心の中は、ニートじゃない。

 

今日を生きるすべての社畜に

幸せだと思える瞬間がありますように。