読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中小企業サラリーマンが資産形成で早期リタイアを目指すブログ

米国株投資や海外ETFによる資産形成、財テク、副業、仕事などについて語ります

自分の成長に限界を感じる時

f:id:k0694acbd230:20160914201259j:image

仕事をしていれば誰もが壁にぶち当たったり、挫折することもあるでしょう。

 

 

しかし壁にぶち当たるたびに、挫折するたびに、サラリーマンは強く逞しく成長するものだ、と年配の方は主張します。

 

確かにそれで乗り越えられる人であれば問題ないのですが、中には自分には向いてない仕事であると感じ、違う道を模索する人もいます。

 

仕事は「向き不向きでなく前向き」に頑張るものだ、と諭してくれた上司がいましたが、明らかに向いてない仕事であれば早々に撤退するのもアリかと私は思います。

 

向いていなくても好きな仕事なら、踏ん張って頑張る価値はあるでしょう。

 

しかし最悪なのは、向いていなくて好きでもない仕事を嫌々しているときです。

 

 

向いてない&嫌いな仕事は人生をダメにする

 

私の場合はこのケースに該当するのですが、とにかく5年経った今でも今の仕事が好きになるどころか、どんどん嫌気がさす。

 

さらには私の場合細かい数字を扱う仕事であるため、大雑把な私からすると一番向いてない仕事です。

 

当然仕事でミスしたりすると落ち込みますし、自分には才能がないのだと落胆する毎日。

 

最近ではもう自身の成長に伸びしろを全く感じないため、完全に自身のキャリアが八方塞がりな状態に。

 

毎日したくもない仕事のために満員電車に乗って会社に行き、ミスして怒られ、落ち込んで、仕事がどんどん嫌いになっていくという悪循環。

 

同世代の友人や知人は、すでに昇進して順調に出世している人も私の周りでチラホラ出てくるようになり、ますます凹みますね。。

 

 

発想の転換で仕事を人生の中心に据えないことに

 

おそらく私以外にも仕事でうまくいかず、自身の将来やキャリアに不安を感じている方も多いと思います。

 

私の場合は、もう仕事中心の人生の考えから完全に脱却し、いかにして労働ステージから早く脱却するかを日々検討中です。

 

そのために毎月貯金、節約、投資の3つを駆使して資産形成に励み、早期リタイアという目標に向かって精進している次第です。

 

もういちいち仕事のことで頭を悩ますのをやめて、第2の人生に向けて今を生きることにしています。

 

おそらく仕事が原因で鬱になったり、自殺する人というのは、人一倍仕事に対して真面目な方であったが故に、ある日耐えられなくて気持ちの糸が切れてしまったのだと思います。

 

時には私のようにサバサバしている性格でいたほうが、仕事なんていくらでも金のためだと割り切れるので、結果的に仕事が長続きする気がします。

 

限界感じたら少し立ち止まって、発想の転換をするくらいの気持ちで人生を気楽に生きていきましょう!